コスメ女子の美肌ネタ

トップページ > 基礎化粧品を使う順序は個人差があると
ページの先頭へ

基礎化粧品を使う順序は個人差があると

基礎化粧品を使う順序は個人差があると思います。


私は一般的に、化粧水、美容液、乳液のやり方でつかいますが、真っ先に美容液を使用するという方もございます。
どの方法が最良自分のお肌に合致しているお手入れ方法なのかは実際にチェックしてみないと定かではないのではないでしょうか。乾燥しがちな秋そして、冬はもちろん、エアコンがガンガン効いた夏場も肌へのダメージが気になりますよね。
しかし、毎日の肌手入れはとっても面倒なものです。その際に役たつのがオールインワンなんです。近頃のオールインワン化粧品はすごく出来が良く、しかもベタ付きも少なく、保湿もきちんと実感できるのが嬉しい限りです。

有名なエステのコースには、シミやソバカスを目たたなくする、またはなくすというフェイシャルコースを設けているおみせがあります。
メイクで目たたなくしようとしても手間をかけても中々きれいに隠れず、なんとかカバーしようとファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうといったことになってしまいがちです。そういう悩みをエステが解決する手助けをして、コンシーラーいらずのお肌になれるのです。



日々の保湿ケアで、肌の潤いが保たれていれば、シミもできにくい肌になります。しっかり潤っているお肌は肌全体にに水分と油分が最適のバランスでキープされており、整ったきめが保たれています。しっとりしてきめの整った肌はバリア機能も十分で、紫外線で肌全体がダメージをうけるのを抑えているので、シミ予防の効果もあるのです。保湿は欠かさず、乾燥を避けるように注意してお手入れして頂戴。


洗顔をする場合、ごしごしと洗うと乾燥した肌にはすぐに傷がついてしますので、優しく洗顔して頂戴。さらに、化粧水は手に多めに取り、手のひらで温かくするようにしてから使うようにして頂戴。

温度というのが体温に近いと浸透力がぐんと高まり、化粧水が肌に吸収されやすくなってきます。私の母親は数年来顔にできてしまったシミに悩みを抱えていました。その大きさはどれくらいかは十円玉ほどの大きさが一つ、少しだけ小さめのものがいくつか両頬に散乱していました。



約1年前、母の美肌友達から「シミには発芽玄米が効果がある」と聴き、すぐに毎食時にできるだけ取り入れてきました。


シミは薄くなっているという結果があらわれています。顔を洗う際、石けんに重曹を混ぜて使用すると、肌の汚れがきれいになり、気になっていたシミも薄くなってきたという話がネットで広がっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかも知れません。重曹は精製の程度によって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いなので、ごしごし洗うことは避けて頂戴。
洗顔後は化粧水などでお肌をケアし、潤いを補充して頂戴。

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられるでしょう。おやつでおなかを満たしているとお肌の外側から幾らケアしてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。コラーゲンのはたらきが、過剰な糖と結合することで弱くなっている疑いがあります。


コラーゲンと糖の結合によって、老化を加速する物質が生じることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意して頂戴。シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはやっぱりパックでしょうか。一日かけて溜まった肌の疲れをとるための一息つける時間です。安価で、簡単に作れる手作りパックもあります。ごく普通のプレーンヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)に小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。冷たいヨーグルト(近年は、様々な乳酸菌が発見され、「生きたまま腸に届く」乳酸菌を摂取することで、より健康の維持に役立つといわれています)が毛穴を引き締め、また保湿効果がありますのでシワ予防にも効果が期待できそうです。シミでお困りの女性にちょうどの飲み物は体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。レモンの数十倍というビタミンCを含んでいて、内側からのUV対策となり、いろんな要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、紫外線で疲れた肌をゲンキにし、くすみのない肌になります。

強力な抗酸化作用も持っていて、若い肌を取り戻すのにもいいですよ。
Copyright (c) 2014 コスメ女子の美肌ネタ All rights reserved.