コスメ女子の美肌ネタ

トップページ > 30代から40代の女の方が悩む肌トラブル(敏感肌や
ページの先頭へ

30代から40代の女の方が悩む肌トラブル(敏感肌や

30代から40代の女の方が悩む肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)のうちの一つが「肝斑」でしょう。両目の目じりの下の頬よりのあたりにできるシミで、クマのような感じです。
肝斑を引き起こす要因として、女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)が関わっているのではないかといった説があって、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、そういった関係性はないそうです。トラネキサム酸がその治療に有効だとされており、製薬会社や大手の化粧品メーカーより、内服用の薬が市販されています。


いわゆるありふれたシミ改善法のようなものでは、こと肝斑に関しては効果がないといえます。元々、私は大抵、美白に気を配っているので、四季を問わず一年中、美白タイプの基礎化粧品を使っています。やっぱり、利用しているのと用いていないのとではまったく異なると思います。
美白タイプの製品を使い出してからはくすみが思ったより無理を感じさせなくなりました。


肌のシミと聞くと、真っ先に紫外線の影響が考えられますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMで話題の「肝斑」です。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、主に妊娠中、出産の後によく姿を現すことが今や周知の事実です。肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特質です。お肌にある濃いシミの治療として効果のある方法は、専門の医療機関でのレーザー治療やメディカルピーリングです。これらの治療のいい点は治療した直後に効き目が表れ、施術を行ったその日にシミが消えるのを確認できることになります。皮膚科などに行かないで手軽に直したい場合には、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーに置いてあるシミ対策に有効な治療薬を使用するか、メラニン色素を抑える成分ハイドロキノンが配合された化粧品が美白ケアに効果的です。小麦色の肌は健康的で美しいイメージを演出するのに効果的ではあるものの、あまり日焼けすると、シミの原因にもなると思っている女性も少なくありません。

肌にシミを作りたくないのであれば、極力日焼けをしないようにするしかありません。シミにさよならするためには、日焼け止めを入念に塗ること、アト、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽く済ませましょう。

エステのおみせとコースによっては、シミやソバカスを薄くできたり、消してくれたりするフェイシャルコースも多く見かけます。
シミなどをお化粧で目立たなくしようとしてもどうやってもシミなどが目立ってしまい、完全にカバーしようとしてついつい厚塗りしすぎてしまうそんな話もよくききます。

そういった悩みをエステが解決する手助けをして、コンシーラーいらずのお肌になれるのです。シミ対策などのスキンケア(ある人にとっていい方法が自分にも効果的だとは限りません)には、体の内部のメンテナンスも鍵になります。

美白に効果を発揮するといったビタミンCは、レモンやパセリ、ブロッコリーなどにいっぱい入っています。それから、お肌の乾燥が進んでしまうとシミの危険度がアップしますから、積極的にコラーゲンたっぷりの、鶏皮、牛スジ、豚骨、うなぎなどを食べましょう。

ただ、シミ対策に焦点をあてすぎた食生活をしますのではなく、幅広く栄養をとっていくことも大事です。まだアラフォーには遠いのに、この頃、顔回りや手の甲あたりにシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。
原因はわかっています。


天候にかかわらず、降り注いでいる紫外線です。


子どもが生まれ、少し大聞くなってほとんど毎日、近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。早く出かけたいおこちゃまは自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。



まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でその通り出かけてしまっていました。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。時間をひねり出してでも対策すべきでした。透き通るような白い肌だっ立ときに比べ、加齢といっしょにシミが増えるのは、嫌になってしまいますよね。


以前の自分のような若いきれいな肌をみると、シミ知らずの潤ったキレイな肌で、お化粧が映えてるなぁなんて思うと、羨ましいの一言につきます。
今この時からでも若い肌を保ち続ける努力をして、なんとしてもシミの増加を阻止しようと思っています。



何と言っても、シミができる大きな原因は紫外線と肌の老化と聞くので、肌を紫外線から守ったり、アンチエイジングを忘れずにやります。

美容の技術は大変進歩しており、今ではお肌のシミを消すこともできます。どうやってシミを消すのかといったと市販のシミを改善するためのアイテムを使うことによってシミに与える効果を試すといった選択、、美容クリニックでシミを消すコースをうけるやり方の2通りの方法があるでしょう。金銭的、それに、時間的な負担を考えて、自分に合った選択でシミの改善を目指してください。
Copyright (c) 2014 コスメ女子の美肌ネタ All rights reserved.